ANA株主優待券専門店 ANA株主優待券を格安販売、高価買取のお店てるる
ANA株主優待券専門店のてるるのロゴ

 

■ANA株主優待券を高く売る方法
ANA株主優待券2016年5月末日まで有効のもの
2016年5月末日まで有効

 
ANA株主優待券2016年11月末日まで有効のもの
2016年11月末日まで有効

【売却のタイミング】
よくお客様に聞かれるのは、いつぐらいが高く売れるかをよく聞かれます。はっきりいって、こちらはわかりません。ANA株主優待券がよく売れる時期は、繁忙期の1カ月前後の期間がよく売れます。年末年始の移動時期でしたら、11月下旬から12月の上旬です。しかしこの時期が、ANA株主優待券が高く販売される、言い換えれば高く買い取るとは一概に言えません。金券ショップの在庫の関係もありますので高く販売するかは一概にわかりません。一方、ANA株主優待券は、5月中旬と11月中旬に株主さんに送られてきます。その前でしたら、高く売れるとの考えもあります。2015年の10月は、ANA株主優待券が不足していましたの高騰したのは、事実です。でも反面、その時期にだぶっていれば下がります。時期について、特定することは難しいことです。

【販売するお店選び】
地元派
地元の金券ショップで売却の場合は、必ず数件のお店に電話で問合せをすることです。一軒の金券ショップにフラット寄っての売却は、おやめになるほうがいいでしょう。価格の変動がANA株主優待券は激しいので、あくまでも本日の価格になります。売却の枚数と交通費の兼ね合いも考えてください。1枚程度で、交通費を払って遠方まで行くのも考え物です。

ネット派
ネットですと、高価買取はその場でわかりますので便利です。ここで注意することは2つだけです。入金の手数料と入金までの時間です。特に入金の遅いお店は避けたほうが賢明です。昨今、ホームページを持っているのに入金しない様なお店は存在しないと思いますが、精神衛生上早く入金されるお店イコール信用の置けるお店と言うことになります。当サイトのように、振込み手数料無料を謡っているお店も、お店としての工夫が伺えますので、信用の置けるお店ということになると思います。

全国地区で考える場合
東京まで新幹線もしくは電車で行く時間を考えます。4時間ルールと言うのがありまして、4時間以上新幹線もしくは電車を乗る移動の場合は、利用者は飛行機を選ぶ人が増えるそうです。私どもの地元金沢がそうです。今まで東京は、電車約4時間掛かりました。やはり主流は、飛行機でした。小松・東京便を多くの人が利用していました。今年、金沢まで新幹線が来ましたので、金沢の人はほとんどが新幹線で東京に行くようになりました。小松・東京便は、大そうお客さんが減ったそうです。ここでのお話は、東京に出るのに新幹線もしくは電車を使う地域は相対的にANA株主優待券があまり売れませんので、買取も自然と安くなる傾向があります。福井を除く北陸や中部圏なども全国的に見ても安い地区と言えると思います。この地区の方は、ネットでの売却をお勧めいたします。
関東地域は、東京がありますのでお店での買い取り価格は相対的に高いようです。ご自分の地域も考慮に入れることを忘れないで下さい。

当店も高価で買い取りますのでぜひ!

 

 

 有限会社 てるる 石川県公安委員会許可 第11718号
(C)2015-ANA株主優待券専門店のてるる