ANA株主優待券専門店 ANA株主優待券を格安販売、高価買取のお店てるる
ANA株主優待券専門店のてるるのロゴ
 ■ANA株主優待券の価格地域格差の考察
   

東京一極集中の日本に起きまして、ANA株主優待券の地域格差は少なからずあります。金券ショップでの価格はやはり東京が高いようです。私の地元金沢は、新幹線が来る前は、小松〜羽田便はドル箱状態でしたが新幹線が開通してからは約4割程度減ったそうです。お隣の富山は、もっと減りまして半減だそうです。価格は、需要と供給で決まります。中部圏の名古屋は大都市ですが、ANAの国内線を利用する地域は、大都市でしたら札幌、福岡、仙台等にかぎられます。東京に行く人は新幹線で行きます。便数も少ないです。よほどの飛行機好きでない限りは、新幹線で行くでしょう。東京都心にでるのに時間的に新幹線と利用するのと変わりません。新幹線には、4時間ルールと言うものがありまして新幹線、特急電車で4時間以上掛かる地域への移動は飛行機に乗る確立が上がるそうです。

中部圏の大都市名古屋などは、ANA株主優待券の価格は東京などに比べて価格は安いです。名古屋でしたら東京に行くには新幹線になります。飛行機で行く人はいません。でも不思議と一日一便が飛んでるみたいです。名古屋地区から飛行機を使う人は、札幌・福岡方面の移動に限られるからでしょう。東京にでる頻度を考えれば格段に低いことから、供給に比べ需要が格段に低い為にANA株主優待券の価格が低迷する一因になっているのでしょう。私の地元石川県金沢市も昨年新幹線が開通し、東京に行くのも新幹線になりました。小松・羽田便が、航空会社のドル箱路線でしたが今では4割減と言われています。お隣の富山・羽田便に至っては半減と言われています。北陸も中部圏と同じようにANA株主優待券の価格が低迷しています。

一方地方であっても東京から離れています、北海道、九州、四国地方は地方であってもANA株主優待券の価格は東京なみの高い価格が維持されているようです。当サイトのインターネットでの販売ですの対象は全国のお客様になります。販売先のお客様は、東京と同じくらいに北海道、九州、四国のお客様が多いです。逆に地元北陸のお客様は珍しいくらいです。

ごたぶんにもれず、ANA株主優待券の価格は東京までの距離、電車での移動時間で多少の価格差が発生しているのが現状です。

 

 有限会社 てるる 石川県公安委員会許可 第11718号
(C)2015-ANA株主優待券専門店のてるる